漫画・アニメ

鬼滅の刃203話ネタバレ&感想 永遠に置き去りの鬼舞辻無惨!

 

Sponsored Link

鬼滅の刃203話ネタバレ 数多の呼び水

「お兄ちゃん帰ろう 家に帰ろう」

禰豆子の声が聞こえる。

「帰りたい。俺も家に帰りたいよ禰豆子。」

涙し神に願い、手を伸ばす炭治郎。

「帰ってどうなる。」

その声はなんと無惨のものであった。

「鬼でなくなれば数年のうちに死ぬのだぞ。目の前にある無限の命を掴み取れ。」

しかしそれは炭治郎の望むものではなかった。

俺は人間として死にたい。

みんなの所に帰りたい。

それが炭治郎の望みであった。

仲間たちが彼の体を支える、これは炭治郎の妄想か?

炭治郎が伸ばす手をしっかりと握ったのは禰豆子の両手であった。

しがみつく無惨!

「待ってくれ頼む!!私の意志を思いを継いでくれお前が!!」

「私を置いて行くなアアアア!!」

炭治郎、仲間たちのもとへ生還!

鬼滅の刃203話感想 最終回じゃないぞよ もうちっとだけ続くんじゃ

人間に戻るまでもうしばらくかかるかと思いましたが、意外とあっさり戻りましたね。

鬼滅の刃201話考察感想 今後の予想も!外したらゴメンm(__)m

とはいえ、「炭治郎が鬼になる」というのがこのアイデアの肝だったので、戻るまでをダラダラ続けるべきではないでしょう。

このテンポのよさ、スピード感が鬼滅の魅力の一つでもあります。

そして無惨のキャラクターも、よい感じに完成されたと思いました。

当初は人を喰うから悪人、人を苦しめても何とも思わないから悪人、というステレオタイプの悪役だと感じました。

特段の目的もなく、ただ生きながらえるだけが望みという点も、薄っぺらいと思っていました。

しかし彼なりの思いがあったと分かり、炭治郎と張り合うにふさわしいキャラクターという認識に至りました。

さて、これからどうなるんでしょうね。宇宙人が攻めてくるというのはやめてくれよ(笑)

無惨を倒したのちに何かあるとは思っていましたが、その通り「炭治郎が鬼になる」という展開となりました。

そしてそれも終わりました。炭治郎の生還を喜ぶ仲間たちの笑顔を見ていると、もうこれで終わってよいという気分にさせられました。

次号は巻頭カラーとのことです。最終回巻頭カラーというのはドラゴンボール以来でしょうか。名作の本作にはふさわしい花道だと思います。

とはいえ読者の予想を外してナンボというのが作家なので、まだ何かアイデアが控えているのかもしれません。

あるとすれば、悪鬼・無惨の誕生のルーツですかね。

薬であんなバケモノが生まれたというのが、しっくりこないという思いはありました。ここにまだ何かあるような気はしますし、『青い彼岸花』の伏線もまだ未消化ではあります。

いずれにしても、宇宙人を登場させて引き延ばすということはないと信じています。満足のいく最終回を期待しています。

鬼滅の刃 1-19巻セット 新品!! きめつのやいば 全巻 セット ジャンプ ジャンプコミックス(帯は原則として付いておりませんので予めご了承の上でご購入をお願い致します。)

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.