軌跡シリーズ新作予想 次回作のキャラクター、舞台、内容を予想する

この動画を見て、軌跡シリーズ新作は『閃の軌跡5』、発売は2020年9月と予想しました。

軌跡シリーズ考察 ゼムリア世界の秘密とは?世界地図も公開!

過去の社長インタビューでは、閃4で描ききれなかったことを何らかの形で発表したいというような発言がありました。
例えば閃4に登場しなかったキャラクターは、その時何をしていたのか、などです。

そこで次回作に登場しそうな、あるいはして欲しいキャラクターを挙げていきます。

Sponsored Link

軌跡シリーズ次回作に登場するキャラクターを予想する その1既報分

確定しているキャラクターも含めることにします。
まずはそれから。

リィン&エリゼ

背景は故郷のユミルですね。
雪も残っているので、時期は閃4の直後でしょう。

リィンはトールズの教官を続けるのでしょうから、新7組も再登場するのかもしれません。

どんなエピソードがあるのでしょうか。
魔煌兵の残党を倒す程度ではもの足りません。

クルトやアッシュは絆イベントをあまり見ていなかったせいか、印象が薄いです。
リィンはもう主役ではないでしょうから、彼視点の絆イベントはもう無いでしょう。
クルトたちの活躍もみたいです。

新7組の今後の身の振り方くらいまでは描かれるのでしょうか。

ユウナ、アッシュあたりは、リィンのようにトールズの教官を目指すような気もします。
ユウナはクロスベルに戻るのかもしれませんが。

アルティナはどうなるのでしょう。
リィンが教官をやめて以前のように政府の仕事をするのであれば、また彼とコンビを組むことになるでしょう。
彼女にはそれが似合っていると思います。

エリゼについても気になります。
閃4は自由にヒロインを選ぶことが出来たので、新作ではその後の進展まで描かれることはないでしょう。
閃4のエンディングでは、選んだヒロインとの結婚式のイラストがつく案もあったそうです。

リィンの友人のパなんとかというのと、エリゼがくっつくのは見たくありません。
閃4ではエリゼエンドもあったので、それはないでしょう。

リィン周辺は閃4でかなり描かれたので、新作での扱いはそれほど大きくはないでしょう。
主役からも外れると思いますし。

ノエル

閃4には一切登場しませんでした。
あの時何をやっていたのか、気になるキャラクターではあります。

クロスベル独立には関わっていたのでしょう。

しかし新作は閃4の後の話になると思います。
当時の行動の説明くらいはあるでしょうが、何らかのエピソードは現時点のものになるでしょう。

ついでに課長も出して下さい。
零の軌跡のラストではかっこよかったです。

リーシャ

閃4に出てくると思ったのですが、おそらくその余裕がなかったのでしょう。
あれだけの人数でしたから。
とは言え、シュリを出すくらいなら彼女を出してもよかったと思います。

イリアがどうなったのかも気になります。

新作では普段着で登場します。
閃4で平和になった後の、彼女の日常生活が描かれるのでしょうか。

似合わない気がします。
彼女は戦うか踊るかのどちらが似合っています。

スカーレット&ヴァルド

あまり興味ないです。

とは言え、教会関係者には興味があります。
彼らを出すくらいなら、ワジ、ケビンあたりを期待します。
彼らも閃4で何をしていたか気になるので、おそらく出てくるでしょう。

閃4でウォレスとマクバーンが戦っていた時、アルテリアで教会と結社の間で何かあったという話がありました。
新作ではその内容が明かされるかもしれません。

ノルド風の少年

ガイウスの身内かとも思いましたが、確か閃1か2で家族をたずねるイベントの時には出てこなかったはずです。

あまり興味もないのですが、ガイウスとの絡みで教会の情報が出てくるのであれば、それは気になります。

後ろ姿の二人組

左上に小さく描かれています。
新作の主人公かもしれません。

作中の小説『3と9』のモデルという話もあります。
私は読んでいません。

閃4の終盤でまとめて読む場所もありそうですが、こちらにも収録されているとのことです。

帝国時報のほか、劇中書籍「ココパンダ―物語」「3と9」「伝説の選ばれし者」「さよならを言えたら」を収録!!

話は少し変わりますが、閃シリーズのイラストは大好きです。
しかし設定やラフ画にまでは興味ありません。

この本には閃4だけのイラストしかありませんが、2や3のイラストも見たいです。
作品別にイラスト本が出ているのですね。

設定画等はいらないので、閃シリーズの完成画だけ載せた画集が欲しいです。

まあ閃4完結&15周年記念に、1冊くらい買ってみてもいいと思っていますが。
キャラクターマニアクスもなかなかよかったので。

閃の軌跡キャラクターマニアクス感想 内容や価格,ページ数も紹介

Sponsored Link

軌跡シリーズ次回作に登場するキャラクターを予想する その2

S級遊撃士&マテウス・ヴァンダール

マテウスだったかは忘れましたが、それとS級遊撃士は閃4で出そうかという話がありました。
過去の社長インタビューでの発言です。

人数が多すぎて活躍の場を与えられないため断念したそうですが、そうであれば新作に登場する可能性はあるでしょう。

身喰らう蛇

使徒と執行者を何人か出すかもしれませんし、それを望みます。

執行者No3《黄金蝶》は思わせぶりに名前だけ出してきたので、新作でハッキリさせて欲しいです。
それほど重要な役回りとも思えないので、もったいぶらないで下さい。

今後への導入として、あともう一人くらい出してくれてもいいと思います。

使徒も同様です。
ニールセンが第1使徒ということはかなり予想されているようなので、そろそろはっきりさせてもいいでしょう。
違うとしても、少なくともニールセンはただ者ではないので、正体を明かして欲しいです。

第1使徒の登場は、今後のシリーズを盛り上げる導入としてふさわしいと思います。

そういえば第4使徒の正体も、そろそろ明かしてよいでしょう。
閃4で出てくるとも思っていたのですが。

《破戒》という名は碧の軌跡の頃から出てきていますが、それほど重要とも思えないのにもったいぶりすぎです。

いや、重要なのでしょうか。
そういえば彼が今まで何をしてきていたのか、一切不明です。

閃4を完結と謳うのなら、それはおかしいと思います。
新作が閃シリーズの補完というのであれば、第4使徒は必ず登場させるべきでしょう。

第5使徒は、初老で武術の達人というイメージがあります。
ユン・カーファイに近いです。

まさかと思いますが、クロチルダやアリアンロードも結社の幹部だったくらいですから、ありえない話ではないでしょう。

あと第7使徒の補充はやめて欲しいです。

碧の軌跡でのマリアベルの加入の時に、これでは話がいつまでも終わらないとウンザリさせられたことをよく覚えています。
シリーズを進めるにあたって設定を追加することも必要なのでしょうが、一方で収束していくところを感じられないと、ついていきづらいです。

女神の聖獣

今後も重要な役割を果たすことになるのでしょうが、少しは触れて欲しいところです。

行方不明となったレグナートはどこへ行ったのか?
ツァイトは何をしているのか?
ローゼリアの今後は?

Sponsored Link

軌跡シリーズ新作予想 舞台はどこになるのか

ユミルの画像が出ていますが、また帝国なのでしょうか。

必ずしも悪くないと思っています。
開発期間を考えれば、過去分流用プラス追加マップというのは合理的です。
閃1から3分のマップも久しぶりなので、回るのはあまり苦にならないと思います。

ノエルの画像は背景だけではどこなのか分かりませんが、クロスベルと考えるのがまあ自然でしょう。
クロスベルはマップを流用できるので、帝国と合わせてここが舞台になるのは十分ありえます。

教会のキャラクターが出てきていますが、アルテリアは出し惜しみしてくると思います。
シリーズ完結作の舞台となる可能性もあるでしょうから、今後の楽しみということでよいでしょう。

カルバードもないでしょう。
今後のシリーズ展開の中心となるでしょうから、じっくり開発期間をとるはずです。

既出の自治区が舞台となるかもしれませんが、いずれにしても開発期間を考えると、そう大がかりなものとはならないはずです。

ユミルが確定している以上、やはり過去分のマップの流用が大部分を占めるのではないでしょうか。

Sponsored Link