閃の軌跡4考察 鬼の力の正体

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リィンの心臓について

彼の心臓が、力の源と思われます。

そして、その心臓はオズボーンから移植されたものです。

そうなると、オズボーンが何者であるかかが問題になると思います。

元から異能の能力を持つ者だったのか、
それともハーメル事件直前の襲撃以降の、
空白の三ヶ月で何かあったのか。

おそらく後者だと思います。
そして、地精との接触もこの時期だと考えていますので、
彼らの存在も、鬼の力に関わっている可能性があると思います。

マクバーンの能力について

もう一つの考える手がかりが、マクバーンとの会話です。

リィンの能力を「混じっている」と言っていました。

彼の心臓が異物、という意味だと思います。

そしてマクバーン自身は、どれだけ混じっているのかを問われて、
「全部だ」と答えました。


ところで、マクバーンが執行者になったいきさつですが、
執行者になるには、心に闇を持つ者のみ資格がある、
という設定がありました。

彼も力に目覚めた当初は制御がきかず、
惨事を引き起こしてしまった、
という過去があるのではないでしょうか、

これは予想です。

執行者でまだ過去が判明していないのは、
彼以外にブルブランがいます。

閃4で判明するでしょうか。
マクバーンは当然明らかになるでしょう。

能力の制御について

リィンは自身の鬼の力を、閃2までは少しずつ制御できるようになりました。
しかし北方戦役で暴れまわった時から、それが出来なくなり、
閃3の開始時点から、力を使うことを控えるようになっています。

マクバーンは、そういう感じはなさそうです。
リィンは力の源が一部、そして自分のものではないので、
制御が不完全ということなのでしょうか。

マクバーンの過去の予想と同様、
慣れていないだけなのかもしれません。

力の源

それが心臓にある、というところまでは確かだと思いますが、
その理由は何なのでしょうか。

オズボーンがマクバーン同様、
「全部混じっている」人物だったのかもしれません。

ヴァリマール相手でも対等に戦える自信を持っていたマクバーンですが、
オズボーン登場時には怯んでいました。

黒の騎神に怯んだのだと思っていましたが、
あるいはオズボーン自身に対してだったのかもしれません。
これは予想です。

混じっているものがリィンの場合心臓だとして、
なぜそれが力をもつのか、

いずこからかエネルギーを引っ張ってきているのだと思います。

至宝からでしょうか。

マクバーンの場合は、焔の至宝からということになるでしょうが、
リィンの場合は、地精の長でもあるオズボーンの心臓によって力を得ているので、
大地の至宝からかもしれません。

あるいは、霊脈からでしょうか。

そもそも至宝の力も、霊脈から得ているのかもしれません。

Sponsored Link

少し短いですが、考える材料が少ないので、
今のところはここまでにしておきます。

違うだろーこのハゲー

今さら思い出したのですが、
マクバーンの焔の能力は、「外の理」に関わっているとのことでした。

もっとも、それが何であるのか、
ほとんど分かっていないわけですが。

一応ここの記事で予想しています。↓↓↓

閃の軌跡4予想 盟主の正体を考察する

これも「違うだろー」って感じですけど…

魔剣から力を得ている?
いや、魔剣とは別でしょう。

リィンの力もそうなのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- 通常版
価格:7160円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする