閃の軌跡4感想その7 キャラクターの魅力

ストーリーを縦軸とするなら、
キャラクターは横軸と言えるでしょう。

ストーリーを追うことに注視しがちでしたが、
魅力的なキャラクター達がいたからこそ、
感情移入できるのだと思いました。

今さらかもしれませんが。

絆エピソード雑感

絆ポイントが余ったので、マキアスに使ってみました。
思いもよらない素晴らしいエピソードでした。

他のキャラを選んでいれば見ずに終わる可能性もあったわけですが、
それはひどいと思いました。

前回の記事では、見るのは女の子とのエピソードだけでいいと書きましたが、
撤回します。

閃の軌跡4感想その6 「相克」と絆イベント

トワ先輩とのエピソードは大したことなかったですし。
クルトとのイベントが見られなくなってしまったことが気がかりです。
ポイントが追加されれば、後から見られるのでしょうか。

スポンサーリンク

零の軌跡からギャルゲー要素が取り入れられました。

さまざまなプレイヤーの好みに対応できるように、
キャラクターの数を増やすのはいいのですが、
本妻は一人にして、その子との関係を深く描くのもアリなのではないかと思います。

多数の子とあまり親密になるのは、顰蹙を買うことになるかもしれませんので。

いろんな女の子から言い寄られますが、いずれも当面の返事は保留しています。
最後にどの女の子を選ぶことになっても、
別の子を選んでいたらどうなっていたのかは気になるはずです。

選べるのはいいことなのかもしれませんが、
自分としては下手に迷うより、固定しておいてもらった方がよいです。

男の子とのエピソードなら、全員と親しくなっても顰蹙を買うことはないでしょう。
女の子を優先したために、見られなかったキャラもいます。

その中にマキアスとのような名作があったのかもしれないと思うと、
とても惜しいです。

アッシュとのイベントも消えてしまいました。
今思い出しましたが、ハーメル事件の補完をやる可能性があります。
以後は気をつけようと思います。

トールズ先輩組

アンちゃんが戻ってきました。
クライマックスに持ってくるようなエピソードでもないので、
結構早かったですね。

やっぱり死んではいませんでした。
それにしても、空3rdの頃から正体丸わかりな仮面キャラばかりですね(笑)。

ジョルジュくんは、やっぱりいいやつでした。
地精の記憶が戻ったのも、クロウが死んでからだとのことなので、
彼らとの友情は偽りではありませんでした。

そうなると、地精の記憶を失ったのはいつか、
このあたりが気になります。

それはアルベリヒにも言えることです。
フランツはどういう経緯でラインフォルト家に入ったのでしょうか。

ジョルジュくんも戻ってきて欲しいです。

スポンサーリンク

まとめ

軌跡シリーズにおいて、キャラクターの魅力は、
ストーリーのそれと並んで重要な要素なので、
絆イベントは全て見られるようにして欲しいです。

見たくなければ見なくてもよいわけで、
現状のシステムでは、一部が「見られない」ことに不満があります。

せめて男の子とのエピソードは、全て見られるようにして欲しいです。

女の子とのそれは難しいところもあります。

そういえば、アルフィン皇女とのエピソードもよかったです。
この話も彼女からの一方通行でしたが、アルフィンの場合は、
それでよかったという気もします。

ラウラとのエピソードもよかったのですが、
本命が別にいるなら、ちょっとやりすぎでしたか?

セリーヌもよかったです。
まさかという感じでしたが。
あれくらいの話なら、本命の女の子が別にいても問題ない感じでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- 通常版
価格:7160円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする