閃の軌跡4完結 続編(軌跡シリーズ新作)はどうなる?

新シリーズの舞台はどこの国になるのか

カルバード共和国は、今後必ず舞台となるはずです。
問題は、それが次作であるかということです。

カルバード編は3作くらいで描かれると思います。

閃1と2、そして3と4のように、内容によっては間を空けられないので、
製作は綿密な計画のもとに行われるでしょう。

仮に次回作がカルバード編だとしても、発売まで2年は空くと思います。
碧から閃1、閃2から3までの期間が、確かそうでした。

閃4は残った謎もありましたが、これまでにないくらい気持ちよく終わりました。
3年はさすがに無いでしょうが、少し余裕のある開発期間をとりたいところでしょう。

閃1や3のことを思えば、2年後にカルバード編の可能性もあると思います。

しかし私としては、間に小粒の作品を入れてくるのではないかと予想します。

『那由多の軌跡』という作品がありました。

ゼムリア世界が舞台でなく、ゲームのジャンルすら従来の軌跡とは違っていました。

過去にコケた『ZWEI』の新作を、無理やり軌跡のブランドで出したと思っていたので、
まだプレイしていません。

しかし閃4完結で、『那由多』は盟主のいた世界ではないかという可能性も出てきました。

閃の軌跡4考察 盟主との関連は? 那由多の軌跡を調べてみました

そういうわけで、今後『軌跡』とついたタイトルであれば、
ゼムリアでなかろうがジャンルが違おうが、プレイするつもりでいます。

『那由多』から6年経っているので、製作チームが存続しているかは分かりません。
しかし累計10万本売り上げた実績があるので、また出してくるかもしれません。

その舞台については色々考えられます。
過去の社長インタビューで、カルバード以外で言及された地域がありました。

レマン自治州です。

遊撃士協会やエプスタイン財団の本拠地がある、重要な地域です。

しかし、どこにあるのかすら、自分の中でははっきりしていませんでした。
空SCの序盤で、遊撃士協会の訓練場のシーンがあったはずですが。
調べたところ、大陸中部とだけ分かりました。

自治州とありますが、そもそも宗主国はどこなのでしょう。

帝国編である『閃』では出てきませんでしたし、
位置的に考えても、宗主国はカルバードだと思います。

次回作の舞台はレマン自治州と予想します。

閃4で出たC・エプスタインの謎を引き継ぎ、カルバード編への導入を担う役割も果たせる地域です。
幕間的に入れるにも、手頃だと思います。

ただ、結社の本拠地があるという設定であれば、外すでしょう。

あと、オレド自治州というのもありました。
クロスベルの東とのことなので、ここもカルバードが宗主国と思われます。

スポンサーリンク

『閃の軌跡マガジン Vol.5』12月13日発売

ネタバレ超解禁!

閃の軌跡Ⅳで明かされた真実!
閃の軌跡Ⅳに残された謎!

さらにわからないことは近藤社長に直接聞いてみた!

これはユーザーも望んでいたことですが、メーカーもやりたかったことだと思います。
分かりづらいところも、いくつかありましたから。

新作に関しても情報があるかもしれません。
色々と楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする