閃の軌跡4考察 盟主との関連は? 那由多の軌跡を調べてみました

スポンサーリンク

「那由多の軌跡」はこれまではゼムリア世界と無関係と思われていました。

しかし閃の軌跡4において、ゼムリア世界に「外」があることが明らかになりました。
また、盟主が那由多世界の住人ではないかという意見も見ました。

ここへ来て「那由多の軌跡」に関心が湧いてきました。

那由多は持っていますが、未プレイです。
本記事では簡単に調べて、その分かった内容と感想を書こうと思います。

一応、こちらを先に読んでおいて頂いた方がよいかもしれません。

閃の軌跡4考察 可能世界とは? 盟主と「那由多の軌跡」について

「那由多の軌跡」の内容

「従来のシリーズは戦闘に時間がかかりすぎる」という意見を受け、アクションRPGとなりました。
当時言われていたこのことは覚えていますし、よいことだと思いました。

閃4以降の新シリーズでは、ゲームシステムにテコ入れがあるかもしれないとのことですが、
那由多のようにしてくれてもよいと思っています。
ボス戦は楽しいのですが、ザコ戦が面倒とずっと思っていましたので。

ただそうするとイースシリーズと重なってしまうため、今までやっていなかったのだと思います。
ザコは体当たりで死ぬようにするのはどうでしょう。

世界観が一新されたのが、一番のポイントです。

みっしぃやハーシェルという名前が出てくるものの、
何をもって「軌跡」としていたのか、
その説明やユーザーの感想を聞くことはありませんでした。

ゼムリアシリーズとの関連にしても予想に過ぎず、
まだ確定したわけではありません。

那由多の世界を探ります。

ゼムリア軌跡との共通点

謎の鉱物

「星の欠片」なるものが登場します。
ゼムリアシリーズの七曜石を思わせますが、光線を当てることによって別の世界を映し出すことが出来ます。

天動説の世界

那由多世界では「世界の果て」があり、世界は平面であると信じられています。

これはゼムリア世界でも共通している可能性があります。

エマがゼムリア世界は海や空の先へ抜けることができないと言っていた時、
アッシュがビックリしていました。

彼が世界を球体と考えていたとまでは言えませんが、
どこまでも進めるとは思っていたようです。

ゼムリア世界では、那由多世界で信じられているような「世界の果て」は、事実として存在するようです。

ただ、那由多の軌跡の主人公ナユタは、
彼だけは自身のいる世界に果てがあるとは考えていません。
球体ではないかと考えています。

参考記事
ゲームとは何の関係もなく、以前に書いた記事です。

天動説と地動説 その証明

文明崩壊

ゼムリア世界では至宝の激突、
那由多世界では大洪水によって文明が崩壊しています。

那由多世界では、それがそう伝えられているだけなのか、
それとも事実であるのかは、未プレイなので分かりません。

異世界の存在

ナユタのいる世界とは別の世界「テラ」が、「那由多の軌跡」の中に存在します。
4つの大陸からなり、ナユタの住む世界では「ロストヘブン(失われし楽園)」と呼ばれています。

どのようにつながっているのか、同じ宇宙の中に併存しているのかは分かりませんが、
行き来は「転移門」という装置を介して行われます。

テラという名称はterra、地球を思わせます。
地球をモデルとしているのかもしれません。

このテラから見ての異世界が、ナユタの住む世界、
そしてゼムリア世界、マクバーンの異界という可能性が閃きました。

実在世界のテラの視点から、ゼムリア世界を「可能世界」と見ているということです。

閃の軌跡4考察 可能世界とは? 盟主と「那由多の軌跡」について

補足ですが、可能世界を実在すると考える主張もあるようです。
ゼムリア世界も(ゲームの中では)そうであって欲しいです。

那由多世界の謎の少女

テラの4つの大陸の中心の小島にある《星の庭園》、
その中にある柩の中で、少女が永い眠りについていました。

彼女の名はクレハ。
記憶が欠落しています。

彼女の風貌が、身喰らう蛇の盟主を思い起こさせます。
Sponsored Link

まだ書くことはありますが、今回はここまでにしておきます。
那由多の軌跡の概要はおよそ分かりました。

ゼムリア世界との関連は、現段階でも予想することは出来ると思います。
プレイすればよりはっきりしたことが書けますし、
むしろ、それをせずあれこれ考えるべきではないのかもしれません。

那由多の軌跡をやってみてもいいのですが、
電源のアダプタを紛失してしまいました。
代替品を調べてみたのですが、どうも妖しい感じ(笑)

PS4でリメイクしてくれてもいいですね。
ゼムリア軌跡の新作へのつなぎとしては、ちょうどよいと思いますし。

ZWEI2の売上はファルコム作品史上最低だったそうですが、
同チーム制作の那由多は、累計で10万本売ったそうです。