漫画・アニメ

ジョジョ6部ストーンオーシャン結末考察!難解か?ラストネタバレあり

ジョジョ6部『ストーンオーシャン』がアニメ化されます。

スタンドが登場する3部以降のシリーズの中では、一番好きな作品です。

本作は終盤の展開がとても激しいです。承太郎が死亡したり宇宙が終わったりと、ついていくのが大変でした。

難解という意見をよく聞きます。

ある意味素直ではないラストなので、テーマが読み取りづらいというのはあるかもしれません。

ただ解説記事などを読んでも、未読の人に向けたものがほとんどでした。それらは漫画を読めば分かるものです。

しかし漫画を読んでも分かりづらい点は残りました。私としては難解というよりも、気になる点が多いという感じがしています。

今でもよく分からないことがたくさんあるので、まとめてみました。

これらの疑問点は、アニメ化の際により深く描かれることを希望しています。また、コメントからもご意見を聞いてみたいと思います、

そして最後には作品の感想を加えておきました。

Sponsored Link

ジョジョ6部『ストーンオーシャン』ラストの難解な点まとめ

世界の一巡とはどこからどこまでのこと?

宇宙の終わり(次の宇宙の始まり=特異点)、

これに到達した時点が、前の宇宙(=世界)の一巡だと思っていました。

間違ってはいないのでしょうが、プッチ神父が目指した天国を完成させるための条件である世界の一巡は違います。

ケープカナベラルでの加速開始から、次の宇宙の同時間への到達 です。

ただそれをやってしまうとエンポリオに逃げられてしまうので、直前で加速を止めたのです。そのため彼に返り討ちにあってしまい、天国が完成することはありませんでした。

ここで気になるのは、まだ一巡に至っていないのにエンポリオや看守が未来に起こることを予感できているということです。

時間を旅をしてきたのですから、それは可能ということなのかもしれません。

問題はプッチ神父が死んでしまったので、前の世界で加速を始めたという事実が無かったことにされたことです。

プッチ神父だけは運命を変えられるというのが、メイドインヘブンのルールです。

だからプッチはエンポリオを倒そうとしたり、また彼もプッチにウェザーリポートのディスクを自分に差し込ませたのです。

プッチの死亡によって運命は変えられたのです。

天国の完成まで完全な一巡が必要な理由は?

「プッチが時間を加速させた」という事実さえあれば、完全な一巡である必要はないのでしょう。

次巡の世界の看守やエンポリオも、未来に何が起きるかを知っていました。

加速開始前にプッチが死んでしまったために、「ここまでやって来た事が起こらないという事に変わってしまうんだッ!」

「ケープ・カナベラルの後ならいくらでも命を捧げようッ!!」というのはその時の本音ではあるのでしょうが、それなら最初から加速を止めるべきではありませんでした。

 

プッチ死亡後に到達した世界は?

「プッチが悪さをしなかった世界」だと思います。

完全なパラレルワールドで、仗助もジョセフもジョルノもいない世界だという説もあるようですが、そこには少し疑問があります。

アイリンはプッチが死んで運命が変わった徐倫のはずです。

プッチに関わっていないキャラクターは、ほとんど同じように存在していると思うのですがいかがでしょうか。

つまり5部までのキャラクターは、本作中と同じ戦いを2巡目の世界でもくりかえしていたということです。あまり自信はありませんが…

プッチ死亡直前に出てきた、世界一巡後の承太郎と徐倫が別人の理由は?

前の世界で死んでしまい次巡の世界に来れなかった人間は、代わる者が穴埋めされる。

こういう設定があったと思います。

(昔買った17巻が見つからないです…)

運命は細かい部分で違いがあっても大筋では収束する、ということもプッチが言っていました。

シュタインズゲートの順番は?アニメとゲームについてまとめた

 

ガラの悪い徐倫、ブサイクな承太郎にエンポリオ同様驚きましたが、これも大筋の運命から見れば細かい部分ということなのでしょう。

しかしこれはプッチがのさばる世界の歪みを象徴していると感じました。

彼がいなくなった世界でのアイリンは、とても可愛らしいのですから。

 

一巡後の世界へ到達した人間は、世界の加速を記憶している?

まあ、してはいないのでしょう。

しかしここは説明がつかないところだと思います。

加速度が無限大になった時点では一瞬に感じると解説されていたので、その記憶は間違いなく無いのでしょうが。

プッチ神父の視点での時間の流れ方はどうなっている?

承太郎たちとのバトルの時点では、プッチは彼らの動きが遅く感じていたはずです。

しかしそのあと、宇宙が終わり新しい世界の一巡直前までの世界の動きはどう感じていたのでしょうか。
宇宙に飛ばされたカーズよりキツそうですけど…

作中では触れられませんでしたが、メイドインヘブンにはそのあたりを調整する能力もあるんですよきっと。

Sponsored Link

ジョジョ6部ストーンオーシャン結末考察感想

天国について

天国と呼ぶにしては、ありがたくないシロモノだと思いました(笑)

ディオの息子の誰かが「プッチだけではなく自分も天国に行きたい」みたいなことを言っていましたが、このていどのモノだとは思っていなかったでしょう。

事前に知っていれば受け止めた時のダメージは小さい、というのは分からなくもないです。

ボディーブローも事前に構えていれば、何百キロの衝撃に耐えられるものだそうです。階段を降りるとき、気づかなければ一段踏み外してもものすごいダメージを受けますが、知っていれば一段程度ならどうということはありません。

明日死ぬと分かっていても云々とは、昔のガン告知みたいなものですか。
マジな話になりそうなので、このくらいにしておきます。

パンドラの箱について、珍しい解釈を見たことが記憶に残っています。

箱を開けたら災厄が世界に広がり、最後に希望だけが残った、というアレです。

この解釈では…

箱を開けて失われたのは「未来を予知する能力」であり、それによって希望が残された、というものです。

「未来なんて知らないほうが希望を持てる」という意味ですが、これはこれで理解できなくもありません。

一方プッチの考えも一理あると思っています。

プッチの邪悪さとはその目的ではなく、手段において躊躇なく他人を踏みつけにするという点でしょう。

運命について

全編通して、ものすごいシーソーゲームです。

ウェザーはほとんど勝っていたのに、わけの分からん大逆転。承太郎の登場でもかなり追い詰められました。はては彼らをほぼ全滅させ、宇宙まで終わらせる。

正義の道を歩むのが運命であるならば、なぜここまで思わせぶりなことをするのでしょうか。

最終巻の作者コメントについて

先に書いたように17巻を紛失してしまったのですが、内容はおぼえています。

スジを頭の中であれこれ練る感じではなく、作品の流れに引っ張られるように描いたとのことでした。

これはよく分かります。

おそらく初期の構想では、普通に徐倫がプッチを打倒するものだったはずです。

なぜなら徐倫の過酷な最期を作品初期から想定して描くことは、かなりきついと思われるからです。

ただプッチの目的は当初から決まっていたとしてもおかしくありません。時の加速前に倒されるというのも盛り上がりません。

どうまとめたものかと思いますが、それでも徐倫の扱いはアドリブだったとしか考えられません。

5部でジョルノの能力が変わったり、アナスイの性別が変わったりと、かなり柔軟に進めているので6部ラストも同様かと思っていました。

しかし主人公が敗れてその思いが引き継がれるというアイデアはなかなかのものなので、当初からのものではなかったとは言い切れないかもしれません。

ジョジョは2部の頃までは大好きでしたが、3部に入ってからは長く離れていました。

読んだのは後年になってからですが、シリーズ毎に新しい試みが取り入れられていることは感じます。

3部はスタンドのアイデアを楽しむことが主目的の作品で、それなりに楽しめましたが単純にも感じました。

しかし5部あたりになると、深いテーマ性も感じられるようになりました。

6部では女性主人公、監獄という閉鎖空間での戦い、プッチのキャラクター性など、見どころが多くあります。これが6部が好きな理由です。

発表時は雑誌連載で読みました。当時は4部5部も未読でしたが、6部にはワクワクするものを感じました。承太郎のディスクを奪われるあたりまでは本当に面白かったです。

さあ取り返そうという段階になってからバトルが冗長に感じるようになり、また作品から離れてしまいました。

後年続きを読んだのですが、何度も読んで良さが理解できるという感じでした。

ラストも初見の感想は、あれっ?徐倫と承太郎は生き返らないの??でしたし。

死んだならそう書いてくれないと信用できないんですよね。特に私の世代は(笑)

3部ラストではディオ死亡って書いていたではないですか。

過去記事がありましたので、こちらもどうぞ。

ジョジョ6部の結末について考えてみた アニメ化を希望します

Sponsored Link

ジョジョ6部ストーンオーシャン漫画 アニメシリーズを見るならU-NEXTへ


諸々疑問点、不満点を挙げてしまいましたが、アニメ化にあたってはそれらが解消され、期待以上の作品になることを望みます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品/あす楽】ジョジョストーンオーシャン(1-17巻 全巻) 全巻セット
価格:8228円(税込、送料別) (2021/8/8時点)

楽天で購入

 

 

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.