天気の子感想文 絵、ストーリー、結末の考察、評価。ネタバレ少し

スポンサーリンク

天気の子を鑑賞した 絵がきれい、ストーリーは分かりやすいが疑問箇所もあり

『天気の子』を見てきました。

前作『君の名は。』は人気が爆発して話題になったことが、見に行った理由です。
今作も人気のようですが、それよりも監督の新海誠のインタビューをあちこちで見る機会があり、それで興味が出てきたからです。

前作を見て怒った人がいたので、今回はもっと怒らせようと思った、とのことです。

Sponsored Link

君の名は。への批判の内容とは?怒りを買った点はどこだ?

前作で怒るところがあったのかが、まず疑問です。

テレビやヤフーニュースのインタビュー記事などを見ました。
災害をなかったことにしたり、死んだ人間が生き返ることに怒る人がいるのだそうです。

分かるような分からないような理由ですが、そんなことまで気を回していては創作など一切できないでしょう。
「今回はもっと怒らせようと思った」というくだりに興味を引かれたのかもしれません。

前作を見ていた当時、次回作にも思いを馳せたわけですが、おそらくもう1作は手堅い作りの作品を出してくると思っていました。
あれだけのヒットを飛ばしたわけですから、次回でコケて一発屋呼ばわりされることを恐れると思ったからです。
そこへ今回の話を聞いて、興味を持ったわけです。

結論から言うと、別に怒るような内容ではありませんでした。
ただ怒った人はいたのかもしれません。

大して考えを巡らせるようなものではありませんでした。
くわしくは後述しますが、人によって受け取り方が違うというのはあるのでしょう。

Sponsored Link

天気の子 絵の感想 きれいだけではなく、動きやカメラワークで表現豊かです

きれいな絵が、惜しげもなく流されていきます。
もう少しじっくり見ていたいくらいでした。

背景が写実的で、ここまで描き込むのならもう実写でよいのではないかとも思ったのですが、見ていくうちにアニメならではの表現を楽しめる作品だと気づきました。
雨、水の描写は技術を要すると思うのですが、持てる技術を発揮できる題材とも言えるでしょう。
動き、色彩だけでなく、構図やカメラワークも、アニメならではの描写が散見されました。

Sponsored Link

天気の子 ストーリーの感想 面白いし分かりやすかったです。

前作『君の名は。』は、ストーリーを把握することに追われていたような印象があります。
ぼやっとしていると話が分からなくなりそうなほど、凝った内容でした。

君の名は。その後 瀧と三葉は結婚したか 奥寺先輩の結婚相手も判明

しかし今回の『天気の子』は、分かりやすいストーリーでした。
どんな話だったかと聞かれたとしても、すぐに説明できます。
『君の名は。』は凝ったストーリーが魅力とも言えましたが、もう少し分かりやすくてもよかったかもしれません。

評価の中では、長いとか、場面転換が少なく退屈だというものあるようです。
しかし私はそのようには感じませんでした。

ただ主人公は何者なのか、ヒロインはなぜ晴れ女になったのか、のような根本的な部分の説明不足がありました。
描写がないから分からないことはハッキリしているので、難しいから理解できないということはありませんでした。

以下、新海誠監督のインタビュー記事を引用

――一方で、主人公の背景について、あえて描いていない部分もありますね。

公開されたら絶対何か言われるだろうと思っていますが、迷いはなかったです。

どこかで聞いたような物語にはしたくなかったし、もっと強い言葉で言うと「トラウマで駆動されるような物語を、僕は今は作りたくない」というふうに考えたんです。

そこはプロデューサーの川村元気も「完全に同意」と言ってくれて。それよりは、既に走り出してしまって止まらないキャラクターたちを描きたいと。

家出してきた理由を、詳細に描写しても詮無いということでしょうか。
ドライな割り切りですが、主人公とヒロインがなんであんな目にあい続けているのだろうという思いはずっとありました。
不満といえば不満です。

”絶対何か言われるだろうと思っていた”とのことなので、言ってみました(笑)

スポンサーリンク

天気の子 最後どうなる?その結末は事前の予想を外すものだった

新作で天気を題材にすると聞いたときに思い浮かべたのが、、ドラえもんの天気を操作するひみつ道具です。
晴れがいい人もいれば雨がいい人もいるので、天気の操作などするものではないという話でした。

『天気の子』はヒロインが一生天気の管理を強いられるなど、何らかの悲惨な結末を迎えるのだろうと予想しました。

しかし実際は正反対でした。少なくとも私はそう感じました。

「こんな主人公を愛せない」という人がきっと出てくる

主人公と社会の価値観が対立する映画

などと煽っています。
まあ実際はそのとおりなのでしょう。
またこれはファンの間で話題に上げさせるための仕掛けという面もあります。

しかし私には、そうは感じられませんでした。
他の人の意見を聞いてみたいとは思えないほど、自分の中での考えが明確だったからです。

Sponsored Link

天気の子ネタバレ&考察 この最後はバッドエンドかハッピーエンドか

このラストは少々辛気臭くはありますが、ハッピーエンドです。

そうではないという考えにおいては、ヒロインが人柱になって東京が救われるというラストも考えられます。

「社会の価値観」とは、そうあるべきだという価値観なのでしょうか。
ヒロインを救うために東京を救わなかった「こんな主人公を愛せない」という人が、それほど多くいるものでしょうか。

それはちょっとむごいと思います。
東京が水没したのは自然現象が原因であって、主人公たちが原因ではありません。

水没といっても、居住範囲が縮小した程度のことです。
彼らに治水管理をする義務もありません。

3年かけて3分の1沈んだ、でしたっけ?
長雨で死人が出たということであれば後味は悪いでしょうが、そのような描写もありませんでした。
あのババアも生き残っていますし。

長い視点で見れば、雨を止めたとしてもそれは一時的なことで、人柱になったとしても真に街を救ったことにはなりません。
そう思わせるようなセリフもあったと思います。
命をかけてまでやれることではないでしょう。

主人公にとってはそんなことより、ヒロインを失わないことの方が大切というのは当然のことだと思いました。

ヒロインも失わず東京も救われる、というラストも考えられます。
それは言うまでもなくハッピーエンドでしょう。

しかし「怒っている人をもっと怒らせる」などと言っている新海監督が作るには、あまりにもストレートすぎるラストです。

天気の子 評価は低い?高い?賛否両論あるようです

万人受けを最初から狙っているわけではないのでしょう。
むしろ低評価と高評価のファンの間での意見交換を煽ることにより、話題性を高めようという戦略が感じられます。

私としては高くもなく低くもないといったところです。
意見を交わす題材としては、あまり奥行きを感じられる内容ではなかったからです。
それならいっそ、ヒロインも東京も救われるラストにして欲しかったくらいです。

しかし絵や動きは高評価でした。

ただ描き込みはもう少し少なくてよいのではないという気もします。
絵には視点を集める箇所が必要だと思うのですが、全部に細かく書き込まれると視点が定まらないというきらいがあります。
ナニワ金融道の背景は面白かったのですが(笑)

実在の商品名や企業名が連発されていましたが、あれは広告の一環なのでしょうか。
そうでなければ、あそこまで描き込む必要はないと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする