イース8評価 ps4、vita、PC、スイッチ版まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PSvita版

2016年7月21日発売。
3機種の中で一番最初に発売されました。

Amazonの評価は、このようになっています。

高評価と言えますが、目を引くのは星1つが少ない点です。
星5つの次に多いのが1つというのをよく見かけるのですが、こういう分布は珍しいと思います。
ユーザーがストレスに感じる部分を残さないという、丁寧な作りをしていると言えるでしょう。

グラフィックに難があるというのは、ファルコムのゲーム全般でよく聞きます。
大手企業ではないので、経営資本を他の部分に投入しているとも聞きます。

こればかりは仕方ないのでしょう。
私は他社製ゲームをほとんどしないこともあって、これくらいでも十分に感じます。

携帯ゲームで遊びたいということであれば、後発のスイッチ版も検討してみるとよいかもしれません。

PS4版

2017年5月25日発売。

後発のため、追加要素があります。

フレームレートの60fps化
漂流者たちと敵拠点に攻め込む「制圧戦」
もう1人の主人公ダーナのスタイルを臨機応変に切り替える「スタイルチェンジ」
「ダーナ」の追加エピソード収録
「ギャラリーモード」
最高難易度「インフェルノ」
2周目以降で主人公一人プレイ「ソロプレイモード」とアドル編追加ダンジョン
ダーナ編に新キャラクターのイオが登場

などです。

どのくらいの期間か忘れましたが、当初予定より延期がありました。
その分完成度は上がったようで、高い評価を得ています。

Amazonの評価は、このようになっています。

私もPS4版をプレイ中です。

イース8(ps4版)の評価は? 私もプレイ中です!

イース アドル・クリスティンの冒険を語る

PC(Steam)版

Steam:Ys VIII: Lacrimosa of DANA / イースVIII-Lacrimosa of DANA

2018年4月17日発売。

外注制作です。
発売延期やその他のトラブルがあったようで、賛否両論の評価となっています。

スイッチ版

2018年6月28日発売。
こちらも外注制作です。
しかしこちらは評価が高いです。

Amazonの評価は、このようになっています。

販売は苦戦していると聞きますが、この評価を見るとゲームはしっかりしているようです。
売上は宣伝や販売力などでも左右されるので、ユーザーの立場では気にしなくてもよいでしょう。

スポンサーリンク

そういえば、フレームレートが30fpsとのことです。

これは気にする人も多いようなので、気をつけておいた方がよいでしょう。

ダメならば、PS4版しかありません。

しかし私には区別がほとんどつかないんですよね・・・

格闘ゲームでもよく言われていたことなので、当時調べたことがあります。
その記事が以下です。

30fpsと60fpsの比較

格闘ゲームは60でなければならないとよく聞きますが、私には違いが分かりませんでした。

しかし、ようやく理解できる動画を見つけました。

設定から「720p60」もしくは「1080p60」にして視聴してください。

なお、これ以外の比較動画を見ても、私には違いが理解できませんでした。

モニター性能にも依存するらしいですが、私のPCのモニターは買ってから10年以上たっているものです。

先の動画は30fpsのカクカクがよく分かります。

ゲームであんな感じだと…

うーん…私のレベルではあまり関係ないかもしれません(笑)
でも上級者が嫌がるというのは、なんとなく分かります。

少し前テレビを買いました。
東芝のレグザを選んだのですが、その理由はカタログにゲームに強いと書いてあったからです。

ゲームの展覧会ではレグザばっかりだそうです。
代替機種がないとのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする