テレビドラマ

半沢直樹の出向理由は?大和田常務のその後と原作との違いについて

出向という衝撃のラストで幕を閉じた半沢直樹ですが、もうすぐ続編が始まります。

ここまで間隔が空くのであれば半沢のその後には触れずに、素直に倍返しを食らわせた時点で終わらせればよかったという気もします。

ところで、半沢に出向の辞令が出た理由が分からないという人が結構いらっしゃるようです。

また、出向理由に関して意見が様々に分かれるところを見かけることもあります。

テレビドラマも原作小説もその理由は明確にしていると私は思っているのですが、伝わりにくいということでしょうか。

私一個人の意見と捉えられるかもしれませんが、半沢直樹の出向理由を書かせていただきます!

Sponsored Link

半沢直樹が最後に出向となった理由とは?頭取の目的は何だったのか

頭取が行内融和を最優先したからです。

半沢直樹の勤務する銀行は、2大メガバンクが合併して生まれたという経緯があります。そして旧銀行の派閥はまだ残っているという設定となっています。

最後に役員会で半沢に土下座させられた大和田常務は、これまでさんざん銀行を食い物にしてきました。それを暴かれた大和田の方が銀行を去るのがスジというものです。

それがなぜ大和田の方が銀行に残り、半沢が追い出されることになったのか。

旧銀行の派閥争いが続いていると先に説明しましたが、頭取と大和田も出身銀行の違いから対立していました。

頭取が考えたことは、大和田に恩を売り自分の勢力に取り込むということだったのです。

対立派閥で大きな力を持つ大和田に厳しい処分を下せば、さらに派閥間の対立が深まるとも考えたのでしょう。

行内融和といえば聞こえはいいですが、銀行の膿を出した功労者である半沢にあの仕打ちはないでしょう。北大路欣也が演じているので清濁併せ呑むという雰囲気を醸し出していますが、相当ひどい人物だと思っています。

もうひとつ気になっていることがあります。

続編も含めた全編を通して言えることですが、銀行が傾くかどうかという重要案件を、半沢1人に押し付けているという印象を持ちました。頭取自ら陣頭指揮をとって然るべきではないかと思いました。一言で、実力に疑問を感じるということです。

非情の上に無能、ドラマ化にあたっては倍返しを食らわせて破滅させてやればよいくらいに思っています(笑)

大和田常務土下座のその後は?ドラマと原作との違いについて

原作では出向させられています。

続編2作に大和田は一切登場しません。

しかしドラマでは降格止まりで銀行に残っています。

調べたところ、常務を外されただけでまだ取締役に残っているとか。

テレビドラマではおそらく再登場するような気がします。人気キャラクターだったということもありますし。

そういえば映画『カイジ』でも、香川照之は敵役を演じていました。

原作では敗れた時点で退場したキャラクターだったのですが、映画第2弾では再登場していました。カイジと共闘するなどして内容が面白かったので、この改変はよかったと思いました。

半沢直樹では父の仇という設定に改変されているので、共闘はちょっと無理かもしれませんが。

カイジの現在と最終回予想や感想 ファイナルゲームはつまらないの?

今気づいたのですが、原作とドラマでは半沢の出向理由のニュアンスが少し違うのかもしれません。

原作では大和田を放逐しているので、取り込むという意図はなさそうです。

ただそれでは対立派閥が納得しないので(それもおかしな話ですが)、「喧嘩両成敗」という体裁をとって半沢は出向させられたのかもしれません(それもひどい話ですが)。

半沢は何も悪いことはしていないぞ!

半沢直樹2キャスト エピソード0から引き続き登場の人物を紹介

ロスジェネの逆襲登場人物 バブル世代とロスジェネ世代がひと目で分かる

Sponsored Link

-テレビドラマ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.