テレビドラマ

帝国航空編『銀翼のイカロス』悪役ネタバレ 半沢直樹に倍返しされた者たちの末路は?

ドラマ半沢直樹も後半に突入しました。

銀行への倍返しの余韻に浸る間もなく、新たな悪役たちの登場にさらなる盛り上がりを見せています。

ドラマは原作を見ていても十分楽しめます。

俳優陣の熱演もさることながら、脚本が原作をなぞるだけに留まらず、限界まで練られていることが大きいと感じています。

例えばドラマ前半の三笠副頭取ですが、原作での彼は伊佐山に肩入れしたということだけの理由で出向になっています。

それがドラマでは電脳と癒着していたとの設定が加えられました。そのおかげで、おなじみの音声ファイル暴露という見せ場を生み出しました。

原作には登場すらしない大和田常務も無理なく取り入れたことも、ドラマの人気を高めています。

これから登場する悪役たちも、原作をなぞっただけの倍返しでは済まされないはずです。彼らの末路への期待についても触れながら、帝国航空編の悪役について紹介します。

Sponsored Link

箕部啓治(みのべ けいじ)演 - 柄本明

与党重鎮。ドラマでは幹事長。

原作では政権交代の勢いを駆って航空会社再建に首を突っ込むというものですが、ドラマでは支持率低下のテコ入れのための取り組みという設定になっています。

箕部には、東京中央銀行の紀本に不正融資をさせて金儲けをしたという過去があります。

クライマックスでは衆人環視の下で銀行に債権放棄をさせるべく記者を集めていたのですが、逆に半沢からこの件について暴かれてしまいます。

箕部は会見場から逃げ出し、その後離党届を提出します。

風貌が柄本明とは思えないほどこわいです。モデルの政治家もコワモテですがそれ以上!

予告では喋りがちょっと聞き取りづらいと感じました。

 

半沢直樹 / 100倍返し 饅頭 ( 東京中央銀行ver. )/ おまけステッカー付き 【TBSショッピング】

 

紀本平八(きもと へいはち)演 - 段田安則

東京中央銀行常務。

箕部が政治家という立場ゆえに知り得た情報を使って金儲けを企むのですが、紀本はそのことを知りながら巨額の融資をしました。

悪役は多く登場しますが、刑事罰モノの悪事を働いたのはこの紀本と箕部の2人だけです。

前半の三笠副頭取のポジションといえますが、段田安則が悪人には見えないのです。古田新太は誰が見ても悪人づらだったのですが。

紀本は箕部の言いなりなので、その対比でこのようなキャスティングになったのでしょうか。

ドラマでは料理屋の女将・智子も何やら絡んできそうです。

Sponsored Link

曽根崎雄也(そねざき ゆうや)演 - 佃典彦

紀本の子分。原作でいえば伊佐山のポジションです。

これまた佃典彦が悪人には見えません。半沢には突っかっているようですけど。前シリーズの貝瀬支店長役の川原和久のような感じでしょうか。

伊佐山というより太陽証券の広重に近いかもしれません。

曽根崎は金融庁調査を乗り切るために嘘をつき、その口裏合わせを帝国航空の担当者に頼みます。

カネを貸してやっているのだからとタカをくくっていたのですが、担当者に毅然と断られます。ここから曽根崎は破滅への道をたどります。

紀本に泣きつくのですが、そういう口裏合わせは事前にやっておくものだと叱責されます。

当然ですね。

いや本当は最初から嘘をつくな、つかなければならないような不正をするな、と言うべきなのでしょうが。

このあたり小説を読んでいて、曽根崎や紀本の立場に立たされたら自分ならどう行動を起こすか考えさせられ、また楽しめました。こう書くと普段悪事ばかり働いていると思われるかもしれませんが、それは誤解です(笑)

Sponsored Link

乃原正太(のはら しょうた)演 - 筒井道隆

帝国航空再生タスクフォースリーダーの弁護士。

RPGでいえば裏ボスで、箕部すら呑まれています。

乃原は過去に紀本が行った不正融資をネタに、銀行の債権放棄を迫ります。

これは犯罪と言い切れるものかはよく分かりません。債権放棄しろというのは、表向きにも堂々と言っていることですから。

紀本のキャスティングが極悪人然でないのは、箕部だけでなくこの乃原にも押さえつけられる役回りだからなのかもしれません。

原作での乃原は仕事には失敗したものの、地位を失うという類のペナルティはありませんでした。後ろに手が回るという類の悪事を犯したとは言い切れないので、こんなものなのかもしれませんが。

筒井道隆もミスキャストと思いました。

原作では箕部以上の存在感でしたから。関西弁がよく似合って、腹の中で人を小バカにして、とにかくガラが悪く…それこそ古田新太がピッタリだと思いました。

逆に、原作では線の細いエリートという感じの三笠副頭取こそ、筒井道隆のイメージに近いです(年齢的には若すぎるのですが)。

そういえばミスキャスト以前に、年齢がおかしいですね。原作では紀本と小学校で一緒だったという設定ですが、ドラマでは消えるはずです。

それは構わないのですが、筒井道隆が段田安則はともかく柄本明を圧倒するという画がイメージできません。こういう点からも、乃原正太は古田新太であるべきだったと思う次第であります。

気になったので、出演者の年齢を調べてみました。

古田新太 54歳(!すごい貫禄)

筒井道隆 49歳

段田安則 63歳

柄本明  71歳

 

白井亜希子(しらい あきこ)演 - 江口のりこ

話題先行の感のある彼女ですが、原作では箕部の傀儡でしかありません。

江口のりこは演技派女優とのふれこみなので、悪役を存分に演じることを期待します。しかし半沢も女相手にいつものノリでやるのは、大人げないと思われるかもしれません。

江口のりこと秘書役の児嶋一哉に関しては、こちらもご覧ください。

江口のりこの「今じゃない」の元ネタは?モデルは誰?半沢直樹に白井亜希子役で出演

黒崎駿一(くろさき しゅんいち)演 - 片岡愛之助

登場はしますが、今回は悪役と呼べる役回りとは言えないかもしれません。

そもそも今までだって、悪事と呼べることを働いたことは一度もないのです(よね?)

今回は銀行に完勝します。監査で問題になったのは前任の曽根崎の業務についてだったので、引き継いだだけの半沢にはどうすることも出来なかったのです。

半沢直樹の黒崎がオネエ口調の理由はなぜ?片岡愛之助が女形だからではなく…

以下はドラマオリジナルのキャストです。

永田宏(ながた ひろし)演 - 山西惇

銀行から出向してきている帝国航空の財務担当役員。

まだ5話を見てもいないのに決めつけてしまいましたが、東京中央銀行の行員なら悪役に決まっています(笑)

悪役のキャスティングが弱いと感じていたのですが、これは期待できます。

相棒の「よっ!ヒマか」の課長役でよく知られているでしょう。悪役の方が似合っているかな?

相棒キャスト似顔絵(脇役)初期から出演している登場人物は?

考えてみれば一番の元凶は帝国航空なのですから、そこに悪役がいないというのもおかしな話と言えます。生え抜きの役員の方がよかったという気もしますが、おそらく紀本と通じていたりするのでしょう。

東京中央銀行の役員て、悪人しかいないのでしょうか(笑)暴れん坊将軍では側用人と南町奉行以外は全員悪人ですが、半沢直樹はこういうところも時代劇なのか?

帝国航空の社長は、原作もドラマもやる気なさげです。しかし原作同様、ドラマでも悪役ではないのでしょう。元凶である帝国航空を代表する悪役ぶりを永田宏に期待します。

…モデルの会社はまた肩身の狭い思いをするかもしれませんが。

半沢直樹『銀翼のイカロス』モデルの事件の結末はどうなった?

 

追記:やはり永田は悪役だった!あっという間に半沢に叩き潰される!

全国の会社勤めをしている永田さん、無残!

 

大和田暁(おおわだ あきら)演 - 香川照之

前半原作『ロスジェネの逆襲』には登場していない彼を、ドラマでは無理なく自然に…

それどころか半沢との共闘などのイベントを仕掛けて、見事に盛り上げてくれました。

後半も期待は大きいのです。後半原作『銀翼のイカロス』をどう料理してくれるのでしょう。

原作とドラマでは行員の派閥が少し違うのですが、ドラマでは紀本と中野渡頭取は同じ派閥です。

大和田は悪事が露見した紀本を攻撃し、返す刀で中野渡も追い落とすつもりではないでしょうか。

最初に「恩返しです」などと言っておきながら、どの面下げて手のひらを返すかが見ものです。いずれにしても、素直に恩返しするようには見えません。

頭取と半沢の関係もどうなるのか気になります。前シリーズで半沢は出向させられましたが、そのことをお互いそれほど気にしていないようにも見受けられます。半沢はともかく、中野渡のそれはどうなのでしょう。

大和田が中野渡にとって代わる野望を燃やす…という感じで終えると予想します。

半沢直樹 / 100倍返し 饅頭 ( 東京中央銀行ver. )/ おまけステッカー付き 【TBSショッピング】

Sponsored Link

-テレビドラマ
-,

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.