キセキの世代最強は誰だ?能力の考察と出身高校の強さランキングも

こちらの記事でも、キセキの世代最強については書きました。

黒子のバスケ 続編の可能性はあるのか?

ここではさらに考えを深めると共に、チームの強さについても考察しました。

スポンサーリンク

キセキの世代 最強は誰だ?火神大我の強さについても考える

キャラクターについての考察にとどめ、ランキングは行いません。
上位は思いあたりますが、下位のイメージが湧かないからです。
突き詰めればランク付けもできるかもしれませんけど。

青峰大輝

彼を最初に持ってきたのは、ゾーンについての考えを述べるためです。
強さにおけるゾーンの存在を過大評価すべきではないと思っています。

短時間しか状態を維持できず、しかも自分の意志でもっていくことが出来ません。
また安定感を損なうため、必ずしもプラスとは言えないからです。

ゾーンをほぼ完全にプラスに活かせているのは、青峰だけだと思います。
彼だけが自分の意志で入ることができるからです。
他の選手はそれができないため、強さの基準をゾーン前提にすることが出来ないのです。

ここで他の選手についても書いてしまいます。

赤司は仲間を見捨てることが、ゾーン入りのトリガーでした。
紫原は試合終了間際にゾーン入りしましたが、それすら偶然の賜物でした。

黄瀬はゾーン入りして爆発力を見せましたが、短時間での退場を余儀なくされてしまいました。
控えの選手としてチームに貢献するというならよいのですが、ここで扱う強さとは違うものです。

そもそも「強さ」の定義から始めないといけないのかもしれません。
1on1でどちらが勝つかという話をしたいわけではありません。
「1試合通してのチームへの貢献度の高さ」ということでどうでしょうか。

緑間はゾーンに入れないから弱いという話も聞きますが、彼の強さは成功率100%というシュートの安定感です。

仮にゾーン入りすればもっと強引に100%成功するシュートを打てるようになるのかもしれません。
しかしその反動で安定感を損なうことになれば、試合を通しての貢献度は下がるのではないでしょうか。
緑間はゾーンに入らないほうが強いと考えます。

ラストゲームでの紫原は、ゾーンに入らずシルバーを上回りました。
これが本当の強さでしょう。

とはいえ急所で使いこなせれば、ゾーンは強力です。
それがもっともできる選手が、ゾーンに自力で入れる青峰だと思います。

赤司征十郎

ウインターカップとラストゲームの間に、大会がひとつありました。

黄瀬は紫原に勝ったようですが、青峰と緑間はどちらが勝ったのでしょう?
そして赤司は誠凛に勝って優勝したようです。

ウインターカップで洛山は敗れましたが、内容は誠凛がかなり無理をしている感じのものでした。
地力は赤司の方が上なのでしょう。

他のキセキの世代の選手も同様、何試合かやれば赤司に勝つこともあるかもしれません。
しかし勝ち越すのは赤司だと思われます。

ここで扱いたい強さというのは、そういうことです。
ランクはあえて付けないと最初に書きましたが、最強だけを言わせてもらえば、それは赤司だと思います。

紫原敦

地力という意味では、彼も相当なものでしょう。
まず体格からして地力は高いと言えます。

黄瀬には負けたものの、ラストゲームでは一皮むけた感じがしました。
ゾーンに入ることはありませんでしたが、それでも存在感を発揮しました。
この上ゾーンを使いこなせるようになれば、もはや最強かもしれません。

赤司に次ぐのは青峰か紫原かという意見を見ますが、私も迷います。

緑間真太郎

反則級の能力だとよく言われています。
ゾーンに入る必要がないのです。

そうするとラスボスになってしまいます。
それは彼のキャラクターではありません。

ラストゲームで相手チームに脅威を与えた選手は、彼だけでした。

とはいえ、言われるほど脅威であるのかは疑問があるのです。
100%の成功率は、態勢を崩されない状態でという前提があります。
ボールを奪ったり止めたりは出来なくとも、万全の態勢をとらせないということくらいは出来そうなものです。

いや、できないのでしょう。
ラストゲームでは緑間にダブルチームがついていました。
そこまでさせれば、シュートを打たなくても強いと言えるかもしれません。

黄瀬涼太

パーフェクトコピーってゾーンとは関係ないんでしたっけ?
忘れてしまいました。
いずれにしても多用はできなかったはずです。

彼はキセキの世代では下位というイメージがあったのですが、紫原や青峰と互角の勝負をしています。
だからといって、緑間が最下位ということも考えられません。
そういうわけで私にはランキングを作れないのです。

火神大我

キセキの世代クラスの強さはあるのでしょうが、何だかんだ言って黒子と二人一組という印象でした。
黒子がいなければ、赤司にはハッキリ劣る気がします。
他の選手に対しては互角ではないでしょうか。

スポンサーリンク

黒子のバスケ 最強チームはどこだ?

これはランキングを作れます。

黒子のバスケ

1位 洛山高校

赤司以外の選手の層が厚いです。
そのことが赤司の能力(天帝の目のことではなく、味方をゾーンに入れる能力)との相性が抜群によいのです。

2位 誠凛高校

地力では洛山高校に劣ります。

3位 陽泉高校

キセキの世代以外ザコというチームもある中で、紫原のパートナーである氷室の存在を買いました。
設定では5将以上キセキ以下、ということでよいでしょうか。

以下と言っても、違いはゾーンに入れないだけです。
緑間もゾーンに入らなかったのだし、それほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。

しかしキセキクラスが二人いたら、誠凛は絶対勝てなかったでしょう。
洛山を除いたチームの中で、特別陽泉に苦戦したという感じもしませんでした。

4位 秀徳高校

実力では5将や氷室には遠く及ばないのでしょうが、高尾の活躍を買いました。
彼は人気投票で、なぜか3位なのです。

5位 桐皇学園高校

ここからキセキ以外ザコチームとなります。
ザコじゃないのもいたのかもしれませんが、思い出せない時点でそう見なします。

しかし青峰のチームが5位というのも違和感があります。
秀徳より上にした方がしっくりくる気がしてきました。

6位 海常高校

ここもキセキ以外ザコチームのはずです。
そのくせキャプテンが黄瀬をやたらどついていました。

作中で一度も勝っていませんよね。
(当然キセキ高&誠凛相手にです。しかしそれは陽泉や秀徳も同じか…)

まあ最弱チームということでよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする