黄金聖闘士(ゴールドセイント)一覧 最強(そしてオマケに最弱)は誰だ?

聖闘士星矢の新作アニメが始まります。
外伝の『セインティア翔』も継続中です。

息が長い作品だとつくづく思います。
私の一番好きな漫画です。

カネもかなり使いました。
10万は余裕で超えています。

フィギュアが高いんですよね。
数も多いし。
全部を揃えたわけではありませんが。

ここでは黄金聖闘士の中での最強キャラを考察します。
ランキングではありません。
最強候補を挙げていきます。

スポンサーリンク

聖闘士星矢 黄金聖闘士 最強候補一覧

1.シャカ

今までに最強の人気投票のようなものがあったのでしょうか。
一般ではどういう評価なのかは分かりませんが、シャカは候補として最有力だと思います。

ちょっと性格不明なところを感じます。
天才にありがちな奇矯な一面と言いますか。

いかにも何でもお見通しという感を漂わせながら、十二宮編のサガの悪やハーデス編のサガカミュシュラの真意を見抜けなかったあたりとか。

2.サガ

十二宮編のラスボスです。
存在感は一番でしょう。

彼も最強候補ではありますが、ハーデス編でシャカに三人がかりで戦ったということの印象がよくないです。
あれでシャカより強いとは考えづらいです。

私はサガよりカノンの方が好きでした。
改心したり、許しを乞うシーンが印象に残っているせいだと思います。

彼はハーデス編では最強を思わせる強さでした。
サガと比べるとどうかという気もしますが、ほぼ互角には違いないでしょう。

3.アイオリア

シャカと互角に戦っています。
ハーデス編でも冥闘士の集団を一人で相手にしています。
まああれは雑魚ばかりで何人も逃がしてしまいましたが。

シャカとの直接対決が互角だったという点が好印象です。

ただあれがなければ候補には上がらなかったでしょう。
アイオリアが黄金3人と渡り合えるという印象はありませんでしたら。
サガより劣るくらいに思っていたでしょう。

4.童虎

黄金聖衣が揃ったエピソードで、サガ扮する教皇が童虎を最強と言っていました。
これは若返り前提だったとは思いますが。

天秤座は聖闘士の要とも言われていたと思いますが、それで他の聖闘士より弱いということはないでしょう。
しかしシオンとの戦いは互角でした。
そうなるとシオンも候補に上がってきます。

最強候補は一応ここまでです。
以下は気になるキャラを書きます。

5.シュラ

13年前アイオロスを半殺しにした男ですが、そうなると当時10才程度ということになります。
この矛盾は連載当時から言われていました。

しかしアイオロスが手負いだったということで、強引に納得できないということもありません。

6.アイオロス

アイオリアと勝るとも劣らないと思われますが、話題にはあまり上がりません。

最強が誰かというのは、作中の時点でのキャラ限定ということでいいでしょう。
すでに死亡しているアイオロスや後に若返ったものの老いた童虎は、ノミネート外ということにします。

黄金聖闘士&黄金聖衣、フィギュアを語る ムウ、アルデバラン、サガ、カノン、デスマスク編

スポンサーリンク

ゴールドセイント最弱は誰だ

ついでに最弱についても考えてみます。

1.アルデバラン

かませ牛と揶揄されていました。

車田漫画で図体のでかいキャラは必ず悲惨な目に会います。
顔がブサイクなキャラも同様ですが、でかいキャラが美形だった例はありません。

牡牛座の妹が嘆いていました(笑)
当時は自分の星座が誰かというところは、かなり気にされていたという話を聞きます。

「星座カースト」というのだそうです。
私の周りではなかったのですけど。

2.デスマスク

当時は蟹座の子供も嘆いたことでしょう。
また前聖戦ではさらに悲惨で、チビでブサイクというキャラでした。
(悪ではなかったようですが)

12人もいるので全員が美形正義キャラというのも芸がないということなのでしょうが、蟹座ばかりがこれほど目の敵にされるというのは理不尽と感じる人もいたことでしょう。

3.アフロディーテ

美形ということが唯一の救いです。
12宮の戦いでは満身創痍の瞬が相手だったとは言え、それなりに格好がついていたと思います。

悪というのもシュラを思えば、必ずしも悪材料だったとは言えません。

しかし改心しなかったという点が、明暗を分けてしまいました。
シュラが先んじてしまったために、アフロディーテは改心することが出来なかったのでしょう。

しかしこの時点においても、まだ首がつながっていたはずです。
悪のまま死んでおけば、最弱候補に挙がることはなかったはずです。

いや生き返った時点では、まだサガたちと条件は同じです。

戦ってしまったために、瞬の時にはバレなかった実力がバレてしまいました。

まずデスマスクと二人がかりでもムウにかなわないことがバレてしまいます。
そしてラダマンティスに、デスマスクとまとめて地獄へ送り返されてしまいました。

あのブザマさ、そして存在の軽さは、アルデバラン以上のものでした。

スポンサーリンク

中間キャラについて

残りは全員美形なので、どちらかと言えば強キャラに分類されます。
ただ最強ではないというだけで。
少し触れます。

1.ムウ

彼は最強候補に入っていいのかもしれません。

当時の関連本の「夢の対決」という記事の中で、ムウ対シャカという組み合わせがありました。
老子の解説では頂上決戦という雰囲気が漂っていて、互角ではないかということでした。

彼はハーデス編の導入で大活躍しましたが、あの頃はワクワクしました。
星矢が13週出てこなかったのですが(当時数えました。間違っているかもしれませんが)、その間は完全にムウが主役でした。

他の黄金聖闘士も彼の活躍に続くかと思ったのですが、そうはなりませんでした。
とても残念です。

2.ミロ

私の星座はさそり座です。
活躍はしませんでしたが、牡牛座や蟹座のことを思えばまだマシです。

コキュートスに3人埋められているシーンはショックでした。
ほかの二人はまだしも、ミロは敵を倒すことがありませんでした。
むしろ味方ばかり攻撃していました。

3.シュラ

十二宮編の終盤で盛り上がるところなのですが、ここから先のキャラはあまり強くないイメージがあります。
青銅聖闘士が全員満身創痍の状態で戦っているからです。

改心は彼の株を上げました。

4.カミュ

ミロとの戦いからほとんど間を空けずに、氷河はよく勝ったと当時思いました。
またその分カミュが弱いとも。

黄金聖衣は絶対零度でなければ凍結しないとのことですが、それに達しないカミュは黄金聖闘士の中でも少なくとも頂点には立てないと当時思いました。

ただ理屈はともかく、ひどく弱いとも思いませんでした。
美形キャラということもありますが、人気もあったからです。

ミロと友人という設定がありました。
作中での描写はほとんどなかったのですが、当時女性ファンが勝手に二人を絡ませて盛り上がっていました。

スポンサーリンク

続編について

たくさん出ていますが、ほとんど読んでいません。
前聖戦の黄金聖闘士も12人揃っているようですが、各作品で共通しているのでしょうか。

調べてみました。

車田版 前聖戦 黄金聖闘士一覧

牡羊座 シオン
牡牛座 オックス
双子座 カイン アベル
蟹座 デストール
獅子座 カイザー
乙女座 シジマ
天秤座 童虎
蠍座 エカルラート
射手座 ゲシュタルト
山羊座 以蔵
水瓶座 ミストリア
魚座 カルディナーレ

そして
蛇遣座 オデッセウス

シャイナさんの立場は一体…
いや、そういえばウヤムヤにはしていなかったはずです。
守護する宮は天蠍宮と人馬宮の間にあった蛇夫宮。
この一覧中では、彼が最強となっているようです。

車田版はかなり読みましたが、現黄金とみんな似たような印象のキャラクターだったと思います。

蟹座は印象が違いましたが、人気が取れそうもないという点は変わりがありません。
魚座のあたりは、そこそこかっこよかったような気がします。
山羊座は日本人というところが新鮮でした。

通しでは読んでいないので、興味がわいてきました。

手代木版 前聖戦 黄金聖闘士一覧

牡羊座 シオン
牡牛座 アルデバラン
双子座 デフテロス アスプロス
蟹座 マニゴルド
獅子座 レグルス
乙女座 アスミタ
天秤座 童虎
蠍座 カルディア
射手座 シジフォス
山羊座 エルシド
水瓶座 デジェル
魚座 アルバフィカ

星矢が今も続いているのは、原作の完成度が高いということもあるでしょうが、周辺の作品が盛り上げてきたという点も大きいと思います。
特にチャンピオン版の前聖戦は、かなり人気を博しました。

全25巻。
外伝が全16巻。

パラっとめくったことはありますが、絵は原作に勝るとも劣りません。
キャラクターの描写も、戦いばかりの原作を凌いでいると感じました。
これもゆっくり見ていこうと思います。

アニメ化もされています。
全26話。

アニメで思い出しましたが、黄金聖闘士は聖戦後にもいました。

聖闘士星矢Ωです。

キャラクターとしてはいいものもあったと思うのですが、そもそもブロンズも含めて活躍する仲間がほとんどいなかった印象があります。

聖闘士星矢オメガ黄金聖闘士一覧

牡羊座 貴鬼
牡牛座 ハービンジャー
双子座 パラドクス インテグラ
蟹座 シラー
獅子座 ミケーネ
乙女座 フドウ
天秤座 玄武 紫龍
蠍座 ソニア
射手座 星矢
山羊座 イオニア
水瓶座 時貞
魚座 アモール

全部は見ていないのですが、ここでの最強はおそらくサジタリアス星矢でしょう。
貴鬼がアリエスの聖闘士になっているのが嬉しかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする