漫画・アニメ

黒子のバスケ キセキの世代最強は誰だ?出身高校の強さランキングと能力の考察

 

こちらの記事でも、キセキの世代最強については書きました。

黒子のバスケ 続編の可能性はあるのか?ラストゲームの続きが見たい!

ここではさらに考えを深めると共に、チームの強さについても考察しました。

Sponsored Link

黒子のバスケ最強は誰だ?キセキの世代と火神大我の強さの考察

キャラクターについての考察にとどめ、ランキングは行いません。

上位は思いあたりますが、下位のイメージが湧かないからです。突き詰めればランク付けもできるかもしれませんけど。

青峰大輝

彼を最初に持ってきたのは、ゾーンについての考えを述べるためです。

強さにおけるゾーンの存在を、過大評価すべきではないと思っています。

短時間しか状態を維持できず、しかも自分の意志でもっていくことが出来ません。また安定感を損なうため、必ずしもプラスとは言えないからです。

ゾーンをほぼ完全にプラスに活かせているのは、青峰だけだと思います。

彼だけが自分の意志で入ることができるからです。

他の選手はそれができないため、強さの基準をゾーン前提にすることが出来ないのです。

ここで他の選手についても書いてしまいます。

赤司は仲間を見捨てることが、ゾーン入りのトリガーでした。

紫原は試合終了間際にゾーン入りしましたが、それすら偶然の賜物でした。

黄瀬はゾーン入りして爆発力を見せましたが、短時間での退場を余儀なくされてしまいました。控えの選手としてチームに貢献するというならよいのですが、ここで扱う強さとは違うものです。

そもそも「強さ」の定義から始めないといけないのかもしれません。

「1on1でどちらが勝つか」という強さとは違うものです。

「1試合通してのチームへの貢献度の高さ」ということでどうでしょうか。

緑間はゾーンに入れないから弱いという話も聞きますが、彼の強さは成功率100%というシュートの安定感です。

仮にゾーン入りすれば、例えば「不安定な体勢からでも100%成功するシュート」のようなものを打てるようになるのかもしれません。しかしその反動で安定感を損なうことになれば、試合を通しての貢献度は下がるのではないでしょうか。緑間はゾーンに入らないほうが強いと考えます。

ラストゲームでの紫原は、ゾーンに入らずシルバーを上回りました。これが本当の強さでしょう。

とはいえ急所で使いこなせれば、ゾーンは強力です。それがもっともできる選手が、ゾーンに自力で入れる青峰だと思います。

続編で期待していることのひとつが、彼が黒子とコンビを組むことです。

第二のゾーンへの扉を開く者が黒子だと気づいた彼ですが、その先の姿を見てみたいです。本編でもあれだけ仲がよかったのに、共にプレイする描写はありませんでした。

黒子のバスケ最終回その後はどうなった?ネタバレや感想など

赤司征十郎

ウインターカップとラストゲームの間に、大会がひとつありました。

黄瀬は紫原に勝ったようですが、青峰と緑間はどちらが勝ったのでしょう?

そして赤司は誠凛に勝って優勝したようです。

ウインターカップで洛山は敗れましたが、内容は誠凛がかなり無理をしている感じのものでした。地力は赤司の方が上なのでしょう。

他のキセキの世代の選手も同様、何試合かやれば赤司に勝つこともあるかもしれません。しかし勝ち越すのは赤司だと思われます。

ここで扱いたい強さというのは、そういうことです。ランクはあえて付けないと最初に書きましたが、最強だけを言わせてもらえば、それは赤司だと思います。

紫原敦

地力という意味では、彼も相当なものでしょう。まず体格からして地力は高いと言えます。

黄瀬には負けたものの、ラストゲームでは一皮むけた感じがしました。ゾーンに入ることはありませんでしたが、それでも存在感を発揮しました。この上ゾーンを使いこなせるようになれば、もはや最強かもしれません。

赤司に次ぐのは青峰か紫原かという意見を見ますが、私も迷います。

緑間真太郎

反則級の能力だとよく言われています。ゾーンに入る必要がないのです。

そうするとラスボスになってしまいます。しかしそれは彼のキャラクターではありません。

ラストゲームで相手チームに脅威を与えた選手は、彼だけでした。青峰や紫原の能力はシルバーが対抗し得るものでしたが、緑間の能力にはなすすべがなかったのです。

ただ、100%の成功率は、態勢を崩されない状態でという前提があります。ボールを奪ったり止めたりは出来なくとも、万全の態勢をとらせないということくらいは出来そうなものです。

いや、できないのでしょう。ラストゲームでは緑間にダブルチームがついていました。そこまでさせれば、シュートを打たなくても強いと言えるかもしれません。

ゾーン入りすることがなかった緑間ですが、一度は見てみたい気もします。それはキセキの世代の特権のように扱われていましたから。

氷室ではかなわず、赤司の力を借りたとはいえ五将らのゾーンも「似て非なるもの」とされました。緑間にできないはずがないのです。

誠凛戦でブザービーターを狙うシーンがありましたが、あそこまでギリギリの状況になれば、ゾーン入りは強力な武器です。紫原は試合終了間近になってゾーン入りして肉薄しましたが、緑間なら勝っていたかもしれません。

実力の割に黄瀬同様、負けが混んでいる印象があります。青峰と紫原は赤司との対戦がなかったせいでしょう。キセキの世代の総当りリーグを見たいです。

黄瀬涼太

ラストゲームのゾーン入りしたパーフェクトコピーは興奮で震えました。

彼はキセキの世代では下位というイメージがあったのですが、紫原や青峰と互角の勝負をしています。

だからといって、緑間が最下位ということも考えられません。そういうわけで私にはランキングを作れないのです。

火神大我

キセキの世代クラスの強さはあるのでしょうが、何だかんだ言って黒子と二人一組という印象でした。

黒子がいなければ、赤司にはハッキリ劣る気がします。他の選手に対しては互角ではないでしょうか。

【新品/あす楽】黒子のバスケ (1-30巻 全巻) 全巻セット

黒子のバスケ

 

黒子のバスケ 最強チームはどこだ?

これはランキングを作れます。

1位 洛山高校

赤司以外の選手の層が厚いです。

そのことが赤司の能力(天帝の目のことではなく、味方をゾーンに入れる能力)との相性が抜群によいのです。

2位 誠凛高校

地力では洛山高校に劣ります。

3位 陽泉高校

キセキの世代以外ザコというチームもある中で、紫原のパートナーである氷室の存在を買いました。

設定では5将以上キセキ以下、ということでよいでしょうか。

以下と言っても、違いはゾーンに入れないだけです。緑間もゾーンに入らなかったのだし、それほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。

しかしキセキクラスが二人いたら、誠凛は絶対勝てなかったでしょう。洛山を除いたチームの中で、特別陽泉に苦戦したという感じもしませんでした。

4位 秀徳高校

実力では5将や氷室には遠く及ばないのでしょうが、高尾の活躍を買いました。彼は人気投票で、なぜか3位なのです。

5位 桐皇学園高校

ここからキセキ以外ザコチームとなります。

ザコじゃないのもいたのかもしれませんが、思い出せない時点でそう見なします。

しかし青峰のチームが5位というのも違和感があります。秀徳より上にした方がしっくりくる気がしてきました。

6位 海常高校

ここもキセキ以外ザコチームのはずです。そのくせキャプテンが黄瀬をやたらどついていました。

作中で一度も勝っていませんよね。(当然キセキ高&誠凛相手にです。しかしそれは陽泉や秀徳も同じか…)

まあ最弱チームということでよいと思います。

 

Sponsored Link

黒子のバスケのアニメ&電子書籍を見るならU-NEXT

品ぞろえ豊富なので、黒バス以外のコンテンツを探すのも楽しいです。見放題ですから、目についたものを片っ端から見ていきましょう。

当ブログの「漫画・アニメ」カテゴリで紹介している作品はオススメです。

時代劇「必殺シリーズ」も全作品そろっていて、うれしかったです。

無料期間が一ヶ月あるので、ぜひお試しください。

 

Sponsored Link

-漫画・アニメ
-

Copyright© 令和太郎のきままなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.