桜庭ななみの中国語の堪能さが話題に!勉強法や習得の動機を調べてみた

NHK朝ドラ『スカーレット』では、主人公の妹役として登場が予定されています。

朝ドラスカーレット関連商品まとめ 主人公のモデルの著書やガイドブックなど

桜庭ななみさんを見るのは、映画『最後の忠臣蔵』での大石内蔵助の娘役以来です。赤穂浪士の生き残りの役所広司演じる主人公が、彼女の嫁入りを見届けるという話です。

あの時はまだ10代だったはずです。現在26歳の彼女を見るのが楽しみです。

さてその桜庭ななみさんですが、中国語が非常に堪能であるとのことです。

活動内容や勉強方法などについて見ていきます。

Sponsored Link

桜庭ななみが中国映画「Man Hunt(マンハント)」に出演!

2018年公開の香港・中国合作映画「Man Hunt」に出演しています。

中国語名義は「櫻庭奈奈美」です。

彼女の流暢な中国語に驚いた監督が起用を決めました。また映画の発表記者会見でも、ななみさんは中国語でインタビューに応じました。

桜庭ななみが中国語のニュース番組進行役に起用される!

NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」では、今年の1月より「NHK華語視界」を開始しました。

来年の東京オリンピックを控えて訪日観光客は年々増えています。そのうち中国語圏からの観光客は約半分を占めています。

「NHK華語視界」は日本のニュースを中国語で報道するという、インターネットの配信サービスです。

ななみさんは午後6時台の番組進行役を担当しています。

Sponsored Link

桜庭ななみはなぜ中国語の習得を目指したのか?その動機

2013年の台湾映画「あの頃、君を追いかけた」を観たことです。

アニメで日本に興味を持った外国人が、日本語を勉強するのと似たような感じでしょうか。

本格的に勉強を始めたのは、その翌年からでした。

2016年には「Man Hunt」への参加を発表していますから、わずか2年で中国語を習得したことになります。

この短期間の習得は、相当気合を入れて勉強したと思われます。

映画を見たのはきっかけに過ぎず、真の目的はやはり仕事に活かしたいということなのでしょう。

桜庭ななみの中国語の勉強法 習得期間はどのくらい?

上海へ留学しました。

しかし期間は3週間ほどでした。出来た友人が日本人ばかりで、中国語を話さなくても生活できる環境だったのです。

「これはマズイ!」と思い、台湾へ移ることに決めました。

台湾への留学は2015年4月からです。

期間は4ヶ月ほどでした。その間も仕事がある時は、日本へ戻ることもあったとのことです。

もうひとつ、中国人のマネージャーをつけていました。

毎日中国語で会話をし、週に1回のレッスンを受けていました。

この話からは、習得に2年もかかったという感じはしませんね。

台湾への留学期間くらいの勉強、そして環境があれば、中国語の習得は可能と言えそうです。

中国語と言っても中華料理のようなもので、どの地域かをはっきり知りたいと思いました。

公式サイトの特技欄には、中国語(北京語中級レベル以上)とありました。

Sponsored Link

桜庭ななみが中国語をしゃべる動画を紹介

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする