閃の軌跡4最新情報 閃マガ4発売 謎のおさらい

閃の軌跡マガジンvol.4を購入しました。
閃3で残された謎のおさらいが、たったの1ページ。
ここを一番掘り下げて欲しいと思っていました。

キャラクターの人数がとても多いですが、主なものは把握できています。
それだけ設定がしっかりしているからだと思います。

ただ、キャラクターは追えていても、
セリフの内容は覚えていないことも多かったです。

それゆえキャラの説明はそこそこに、
ストーリーに関わるセリフのまとめなどにページを割いてほしかったです。

前置きが長くなりましたが、挙げられた項目を参考にして、
自分の予想などを書いていきます。

リィンの心臓と鬼の力

この記事でも少し考察しました。

閃の軌跡4考察 鬼の力の正体

鬼の力はオズボーンから移植された心臓から得ている、

そしてマクバーンと同種の力で、
彼の力は外の理に関係している、

このあたりまでは予想できます。

鬼の力もそうなのでしょうか。
外の理は、結社のみに伝わるものだったと思います。

マクバーンは、単に外部から力を得ていることを、
「混じっている」と表現したのかもしれません。

オズボーンが地精の長であることから、
地精由来の能力という可能性もあると思います。

帝国の至宝と、《焔の聖獣》の行方

ロゼは暗黒竜出現の時、魔女は長の命を、
地精は聖獣を喪ったと言っていました。

焔の聖獣に関する言及は、まだありません。
おそらく大地の聖獣同様、ただではすまなかったと思います。

そもそも、なぜ暗黒竜が現れたのでしょうか。

巨イナル一の力は騎神が抑えていたが、
呪いまでは抑えられなかったとも、
ロゼは言っていたと思います。

暗黒竜は呪いの力が抑えられなくなったため現れたのであって、
それまで抑えていたのが焔の聖獣だった?
これは予想です。

その場合、焔の聖獣はもういないということになりますが、
閃4で登場するような気もします。

クロチルダが閃2で言っていた、
「焔の祝祭日」とは何のことなのでしょうか?

覚えている人は少ないと思います。
冒頭に書いたのは、こういうことのまとめが欲しかったという意味です。

「焔の祝祭日」とは、焔の至宝が復活する時のことだと思います。

クロチルダが結社から離れても、巨イナル黄昏を認められないだけで、
自分が進めていた幻焔計画は進行中のはずです。

そんな彼女をミュゼがなぜ取り込んだかというのも、よく分かりませんが。

Sponsored Link

大地の聖獣が自身を封印した場所を、
閃マガでは《人工特異点》と書いてありましたが、
作中では《始まりの地》と呼ばれていました。

これも謎です。一体何なのでしょうか。

教会の本部にオリジナルがあり、
帝国とリベールの大聖堂地下に複製があった、
ここまでは分かっていることですが。

《巨イナル黄昏》

呪いの完成、あるいは闘争の原理で帝国を染め上げる、などと言われていましたが、
それならば地精の目的はすでに果たされたと思います。
これからどのように動いていくというのでしょうか。

結社は、まだ幻焔計画を進行中です。
3度の神機の作動実験の結果から、黄昏への協力を決めました。

実はこの実験というのは何だったのか、今でもよくわかっていません。
シュミット博士は、霊脈の実証実験と言っていましたが…

結社が進める《幻焔計画》

当ブログのあちこちの記事で書いてきたと思いますが、
焔の至宝の回収を目指す、ということでいいでしょう。

閃の軌跡4予想 幻焔計画とは何か?

オズボーンは乗っ取ったと言っていましたので、
具体的には霊脈の活性化を指すのでしょう。

暗黒竜にまつわる真実

今まで考えたこともありませんでした。
巨イナル一の封印を果たした後、なぜ300年の時を空けて、
呪いが生み出した暗黒竜が現れたのでしょうか。

焔の聖獣のところでも書きましたが、
何らかの理由で抑えが効かなくなったということでしょうか。

ハーメル事件やアッシュの件のような、
帝国において突発的に起こる出来事の一つなのでしょうか。

カルバード共和国の動向

帝国と戦争したら負けるような気がしますが、
そこまではいかないでしょう。
閃3のような、工作員が暗躍する程度で終わるとも思えませんが。

《ヴァイスラント決起軍》

貴族勢力の立て直しのようにも見えますが、
内乱の続きというわけでもなさそうです。
クロチルダが加わっているというのも謎です。

ヴァイスラントというのは、どこかの地名だったでしょうか?

セドリックの豹変

これもどこかの記事で書いたと思いますが、
もう一度考えてみようと思います。

豹変は呪いのためという可能性もありますが、
今ではそうでもなさそうだと感じています。

閃2の終盤では悲惨だったので、性格が変わったとしてもおかしくないと思います。

しかし閃3の終盤で、アルティナを手にかけようとしました。

あれは呪いのせいだったということならハッピーエンドを迎えられますが、
本性だったとしたら、そうはいかないでしょう。

些事だと思っていましたが、
考え出すと気になるものです。

《金の騎神》とその《起動者》

これはこの記事で書きました。

閃の軌跡4予想 金の起動者は誰だ?

ここでは視点を変えて、なぜ一体だけ残っているのかを考えてみます。

既出の騎神は、リィンをよってたかって押さえつけていましたが、
金の騎神が同様に地精の一派だとすれば、わざわざ残さなかったと思います。

ルーファスの様子からしても、そのような感じです。

となれば、味方になるのではないでしょうか。

起動者が誰かというのも重要ですが、
明かされていない騎神の謎というのも、
まだ残っているような気がします。

Sponsored Link

周辺諸国の対応

カルバードについては触れましたので、
あと気になる国といえばリベールです。

空の軌跡からもキャラクターがたくさん出るので、
楽しみにしています。

まだ出てくるのでしょうか。
発売が迫っているので、もう発表はないような気もしますが。
ケビン神父が好きだったんですけどね。

話を元に戻しますが、
対応といっても、どうしようもないと思います。

リベールに対して宣戦布告でもしてくるのでしょうか。

社長コメント

謎の全ての大元は、帝国の呪いだそうです。

そういえば百日戦役以降に、帝国軍がリベールに迫ってきたことがありました。
空SCでした。
クローゼとオリビエ、あとカシウスもいたでしょうか。
なんとか収めましたが、詳細は忘れてしましました。
あれも呪いのせいだったということらしいです。

死人が生き返る理由が、地精の術とか騎神の力とか考えられましたが、
これも呪いの力によるものなのかもしれません。

前の閃マガでも言っていましたが、
閃4ではまだ結社の目的は明かされないと思われます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする