閃の軌跡マガジンvol.5内容紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

閃の軌跡マガジンvol.5を買いました。

ゲームをプレイしていてもよく分からなかった点を解消したいと思っていたのですが、よくまとまっていました。
クエストをいくつか逃しているとは思っていたのですが、全く知らなかった事実も見つかりました。
また、プレイしただけでは気づきにくい点の補足があったことも、よかったと思います。

一番の見どころは社長インタビューでしょう。

作中の疑問への回答や、今後の展開が語られています。

作中で明かされているとされている事実が、ユーザーに伝わっていないことも多いようです。
このあたりはもう少し改善したほうがよいのかもしれません。

例えば黒の史書の”忌み子”とは誰のことだったのか。
私は色々深読みしてしまいました。

閃の軌跡4考察 盟主の正体に迫る。北に顕れたる忌み子とは?

素直じゃなかったのかもしれませんが、やはりちょっと分かりづらいという気もします。

黒の史書といえば、最終巻の『機関《AZOTH》』を、何かの組織と思っている人が多いのだそうです。

位相機関やAZOTHがキーワードと言われて、何のことかと思ってしまいました。
社長の解説どおり、機関とは装置のことです。

位相機関《AZOTH》とは、黒の史書の別名と言ってよいでしょう。
黒の史書というアーティファクトを製作した古代人が、そう名付けていたということです。

私は何ら迷うこと無くそう受けとめていたのですが、分からなかった人も多かったのですね。

黒の史書の文章は誰かが記したものではなく、史書そのものが自動で書き出していたのです。

“機関”で悪の組織を連想する人が多いというのは、シュタインズ・ゲートの影響でしょうか(笑)

発売されたばかりなので、一番の見どころである社長インタビューの内容については、このくらいにしておきます。

スポンサーリンク

絆イベントについて

こうして一覧してみると、私にとってはマキアスのイベントが心に残るものでした。
男はどうでもいいと思っていましたが、結構見ていたようです。

エリオットは一度も見ていませんでした。
女性キャラですら全員は見られないのでやむを得ないでしょう。

しかしこういうのはやはりよくないと思います。
特にアッシュは人気キャラというわけでもないのに、ここにハーメルのイベントを入れてくるとは。
エリオットやその他見られなかったキャラのイベントの中には、よいものもあったかもしれないのに。

次回作からはキャラを減らして、狭く深くという方針でやってほしいです。

閃の軌跡はキャラの数が多かったとはいえ、みんな魅力的でした。
それを広く浅くという感じで描いてしまうのは、もったいないです。

キャラクター人気投票について

強さについては、こちらで書きました。

閃の軌跡シリーズ 最強のキャラクターは?

ここでは好きなコンビ2組について書きます。

組み合わせは無数にあるはずなのに、意外に迷いませんでした。

リィン&クロウ

このコンビが一番好きです。

感情移入したのはクロウの方です。
私に男の兄弟がいなかったせいかもしれません。
クロウみたいな兄貴がいればよかったと、今ふと思いました。

7組の中でも、かなり設定が盛り込まれているキャラだと思います。
最初はテロリストで、起動者でもあり、味方でもあり、不死者でもあるという。

途中から加わり、年上ということもあり、最初のうちはちょっとよそ者っぽく感じていました。
今でも少しそんな感じはするかもしれません。
やはりクロウは、トワ、アンゼリカ、ジョルジュたちの輪の中にいるほうが、しっくりきます。

しかしリィンとだけは、本当に信頼できる相棒同士という感じがします。

アリアンロード&マクバーン

黒キ聖杯で、初っ端から待ち受けるのがこの2人とは、やってくれました(笑)

初めに見た時は、ゲーッて感じでしたね。
戦ってみるとそこそこやれはするのですが、設定的にはとてもムリでしょう。

オーレリア&ヴィクターも同格のコンビと言えるでしょうが、練習試合での対戦でしたので盛り上がりませんでした。
インパクトの強烈さでは及びません。

というわけで、この2組に投票します。

他に人気があると思われる、あるいは自分が好きなコンビを挙げてみます。

ユーシス&ミリアム

ここまでの凸凹コンビというのも珍しい(笑)
ユーシスはルーファスほどではないのでしょうが、育った環境に大きく影響を受けているという感じがします。

ユーシスはマキアスとの絡みももっと見たかったです。
対立していた頃は色々あったものの、仲良くなってからは特に何も起こらなかったのが残念です。
ラウラ&フィーもそうですね。

マクバーン&デュバリィ

ボケツッコミのコンビという感じですが、マクバーンが最強というギャップが面白いです。

ミュゼ&アッシュ

これも性格正反対のコンビです。
アッシュが何かと絡んでいたようでしたが、ミュゼはリィン一筋でしたので何も起こりませんでした。

ユウナ&クルトも、ユウナがリィンに目をつけられる可能性があるので、2人の間には何も起こりませんでした。

ロゼ&アリアンロード

この2人に何があったのか、もっと知りたいです。
獅子戦役の外伝があってもいいと思います。

オリビエ&ブルブラン

ブルブランがオリビエの窮地を救っていたことに感動しました。
この2人の共闘シーンを見てみたいです。

募集期間は来年の1月31日(木)までとなっています。

みんなで応募しましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

閃の軌跡マガジン Vol.5 2019年 01月号 [雑誌]
価格:1580円(税込、送料無料) (2018/12/16時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする